アメリカの影響を受け生み出された料理を味わう

戦後アメリカ軍が放出した食料が一般に広がりました!

現地の美味しい料理を味わうことは、旅の大きな楽しみのひとつだといえるでしょう。沖縄には様々な独自の料理がありますので、旅行などで訪れる際にはぜひとも体験してみてください。沖縄の料理については、アメリカの影響が大きいことが特徴となっています。沖縄は太平洋戦争の際に激戦地となり、戦後は長期間アメリカの占領下に置かれました。戦争の直後には食糧不足が深刻な問題になり、アメリカ軍が放出した食料が一般に幅広く流通することになったのです。沖縄にはもともと豚肉を多く食べる食文化があったのですが、さらにアメリカ軍の缶詰としてコンビーフやハムやソーセージなどが広がり、中でもスパムは沖縄を代表する食材となりました。現地ではゴーヤチャンプルーなどの料理に、スパムが幅広く使われています。

タコライスやぬーやるバーガーを楽しんでみてください!

沖縄を代表する名物料理といえば、タコライスがあげられます。タコライスはメキシコの名物料理であるタコスをアレンジしたものであり、ライスの上にひき肉やトマトやチーズやレタスなどの具材を乗せた沖縄独自の料理です。金武町にある米軍キャンプハンセンのゲート前にある飲食店街で提供され、当時円高で生活が苦しくなったアメリカ兵の間で安くて美味しいコストパフォーマンスに優れた料理として人気を集めたことが、タコライスの発祥だとされています。その他にはぬーやるバーガーもおすすめの名物料理だといえるでしょう。ぬーやるバーガーは沖縄のご当地メニューとして地元ハンバーガーチェーンで提供され、ゴーヤの卵とじが具材に使われていることが特徴となっています。さらにポークランチョンミートやチーズなどが具材として使われているため、ゴーヤチャンプルーのような風味が楽しめるのです。