沖縄の伝統料理を知ろう

沖縄の伝統料理の定番は?

沖縄には数多くの美味しい伝統料理がありますが、定番はゴーヤチャンプルです。沖縄の方言で「ごちゃ混ぜ」を意味するチャンプルーという名の通り、ゴーヤだけでなく豆腐や野菜、豚肉など様々な食材をを炒めた郷土料理となっています。さらに、ゴーヤはビタミンCが豊富なので、夏バテにも効果的です。また、沖縄そばも人気です。そば粉を使わずに、小麦粉からできた麺を使っているのが大きな特徴です。また、ソーキと呼ばれる骨付き肉がトッピングされているソーキそばも有名です。そして、ミミガーも外せません。豚の耳のコリコリとした食感が最高ですし、酒のつまみによく合います。しかもコラーゲンを多く含んでいるので、健康や美容にも効果があるとされています。

汁物の伝統料理は何?

沖縄の伝統料理は、汁物も美味しいことで有名です。まず、中身の吸物です。祝い事には欠かせない伝統料理で、豚の内臓を鰹の出汁で煮込んでから、醤油と塩で仕上げます。あっさりとした味で、内臓の独特の食感も楽しめます。また、イカスミ汁も伝統料理です。細切りにしたイカと豚肉を鰹と昆布の出汁で煮込み、イカスミで味にコクを加えています。イカスミ汁で使用する白イカには、便秘の改善や血液の循環を良好にする働きがあり、しかも低脂肪・低カロリーであるので、薬膳としても親しまれています。さらに、アーサー汁も一般的です。緑色の海藻であるアーサーと島豆腐の味噌汁ですが、高タンパク質で、植物繊維やビタミンCを多く含む健康料理となっています。美味しいだけでなくヘルシーである点も、沖縄の伝統料理の魅力といえます。